THRUSTER(スラスター)とは


"THRUSTER"はスタートアップや新規事業を立ち上げるための、自分達が創る未来からバックキャスティングして事業開発をマネジメントできるプロセスのベストプラクティスであり、現場の実務に落とし込んだ事業開発ツールです。


デジタル化による技術の進歩により標準化された活動はどんどん自動化・機械化され、プロダクトライフサイクルは短命化します。そのような環境の中、企業は常に一定の新規事業に挑戦し続ける必要が発生していますが、最初から新規事業をマネジメントできる能力を誰しもが持ち合わせているわけではありません。


不確実性の高い新規事業は足元のボトムアップでは何も生まれません。自分達が創り出す社会の変化からバックキャスティングで事業開発をマネジメントする必要がありますが、そのやり方はこれまで人の経験にのみ委ねられています。




・投資する事業仮説をなかなかステークホルダー間で合意できない。

・事業開発を開始してみたものの、思ったように進捗しない。

・既存事業を色々局所カイゼンしてみるものの、成長鈍化が止まらない。



このようなことに心あたりがある方は、是非”THRUSTER”にお目を通して頂ければと思います。



Growth Hack Studio Inc.

THRUSTERの目的

事業の方向性を可視化する

達成したい目的と進め方を可視化することで、チームの事業開発活動のベクトルを統一する

事業進捗の透明性を確保する

事業進捗に対する現状を見える化することでフィードバックの有効化をはかる

事業の解像度を上げる

小さく試し早く学ぶことで、顧客や市場と自分の認識のGAPを埋め仮説を修正していく

推薦人の声(株式会社nana music COO 細野真悟)

THRUSTER(スラスター)推薦人の声(株式会社nana music COO 細野真悟)



これまで自分が15年かけて培ってきた事業開発マネジメントを見事に言語化してあります。経験の浅い事業オーナーはTHRUSTER(スラスター)をベースに検証サイクルを構築すれば、経験値が足りない分を充分に補えると思います。


【略歴】
新卒でリクルートに入社。フロムエー、リクナビ、リクルートエージェントなどのサービス企画担当を経て、リクナビNEXT編集長、執行役員に。自ら実践を通じてイノベーションを起こすためのマネジメントスタイルの開発に取り組む。2017年から(株)nana musicのCOOと(株)ローンディールのCSOを兼任

推薦人の声(uni’que Inc.CEO 若宮和男)

THRUSTER(スラスター)推薦人の声(uni’que Inc.CEO 若宮和男)


大企業の新規事業では、社内コンセンサスを得つつ事業を進める必要があり、ともすると顧客や事業に集中できない状況になっているケースが多い。THRUSTER(スラスター)では事業目的や体制、KPIまでが体系的にメソッド化されており要点を見える化できる。これにより共通言語ができ齟齬や無用な調整がなくなれば、事業チームだけでなく投資管理側にとっても有益だと思います。

【略歴】
一級建築士として建築設計に携わったのち、美学芸術学研究者を経て、モバイル業界へ転身。NTTドコモ、DeNAにて10年以上モバイル新規事業の立ち上げを行う。2017年にuni’que Inc.創業。CEOとしてYourNailなどの事業を展開する傍ら、複業を推進すべくタレント社員としてランサーズに入社しProduct Value Managerを務める。

THRUSTER(スラスター)最新版のダウンロードはこちらから

配信Ver : 1.0

(2019年8月1日更新)

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
ダウンロード

THRUSTER STUDY

”THRUSTER”の解説、実際の運用方法、事例の紹介など、”THRUSTER”を使った事業開発の勉強会を開催しています。

事業進捗が停滞してお悩みの方や自分のスキルの向上を図りたい方などいらっしゃいましたら是非ご参加ください。

勉強会に参加する